本文へ移動

栗原社長のブログ

facebook

栗原眞由美 facebook

http://www.facebook.com/#!/mayumi.kurihara.165
 

栗原社長のブログ(画像はクリックすると拡大します)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

近況報告

2022-06-08
皆様、こんにちは!
札幌は、今日から「よさこいソーラン祭り」が開催されているようです。
少しずつですが、街に賑わいがもどってきているようですね。
会社も忙しいし、これからの新事業に向けての準備も忙しいのですが、先日わらび取に行ってきました。
我が家から30分位の場所ですが、たくさん採れました!
リフレッシュ!!当別まで足を伸ばして蕗もとりました。

新緑の香りは、アロマセラピー効果もあるのではないでしょうか?
自宅に戻って、山菜の始末をしていると電話が鳴り、仕事が入り着替えて走り、と相変わらずな毎日です。

母も齢90にして、あちこち調子が悪くなって入院しています。いつまでも元気でいてくれると思ってましたが、そうはいかないようですね。
すこしずつ、覚悟も必要なのかな、と考える今日この頃です。

なんでも値上げになり、年金は値下げになり、深いため息が出ますが、高い野菜の代わりに山菜食べて頑張ろう~と!!
近況報告でした!


札幌市火葬場・墓地に関する運営計画について

2022-05-17
皆様こんにちは!すっかり春爛漫ですね!
毎日、忙しいですが、代わり映えのしないこの日常が、本当は素晴らしい事なのだと思います。

2025年、あと3年後には後期高齢者人口が約2200人に膨れ上がり国民の4人に1人が75歳以上になります。高齢者の孤立化も増え、2035年の札幌市の高齢者単身世帯割合は
全世帯の15.7%と予測されています。今後「多死社会」が本格化しますが、火葬場の混雑、跡継ぎのいないお墓の放置、孤立死の増加などお亡くなりになった方の尊厳を保つことが難しくなります。

こうした課題を解決するため、市民・行政・事業者の立場で【みんなが尊厳ある葬送を実現できるまち~葬送に不安なく、安心して暮らし続けるために~】をビジョンとして
有識者による「札幌市火葬場・墓地のあり方基本構想」を策定しました。
葬儀業界の仲間もメンバーに入ってます。私も、多死時代に友引という迷信で火葬場を休みにするのはどうかな?と思います。

2020年4月に立ち上がり2035年3月終了を予定しているこの事業、いかにもお役所仕事という気が致しますが、里塚斎場の老朽化や山口斎場のPFI契約終了、火葬場での長い待ち時間、墓地の無縁化など問題は山積しています。議論を重ね、早い解決を期待したいと思います。

法人会全国女性フォーラム参加してきました。今年は静岡大会!

2022-04-28
今月の14日、第16回法人会全国女性フォーラム静岡大会へ行ってまいりました。あいにくの曇り空で富士山を見ることはかないませんでしたが、1400人近くの女性会員が
静岡に集まりました。静岡はまさに海の幸・山の幸の宝庫、現在放映中の「鎌倉殿の13人」や数々の大河ドラマの舞台になっています。

記念講演は俳優の別所哲也氏が「ショートフイルムのチカラ」という演題で彼が日本で1999年から続けている国際短編映画祭について語って下さいました。実際、25分以下のショートフイルムを4本放映してくれました。短いフイルムでも、こんなにも感動が与えられ、シニカルな問題提起を伝えることが出来るんだなと思いました。
きっかけは彼がアメリカで仕事をした時に「日本にはモノヅクリはあるけどモノガタリは聞こえてこない」と言われたことがきっかけだそうです。
世界でも活躍し「日本」を発信している一人のお話を聞けて良かったと思いました。

色々観光もありましたが、私は浜松の「おんな領主井伊直虎」が眠る龍潭寺が印象に残りました。国指定名勝の庭園は、江戸時代初期に造られた「池泉鑑賞式庭園」で、とても味わい深いものでした。うなぎやお刺身、牛肉など美味しいものも食べすぎの研修旅行でした!

近況報告

2022-04-05
4月になりました!
災害並みの豪雪に悩まされた冬でしたが、柔らかな日差しになんとなくウキウキしますね。

新形コロナウィルスの影響で売り上げが落ち込んでいる中小企業に向けて、国が支援してくれている「再構築補助金」に3度目のチャレンジでやっと採択されました。
これから、葬儀部門を頑張りながら、事業展開を致します。それだけスタッフが育ってくれたと言いう事でもあります。

新事業は葬儀のノウハウや強みを活かして「障がい者グループホームなないろ」の経営を致します。コロナで葬儀規模が小さくなり売上減少に悩み、なにかもう一つ柱になる仕事を始めようと皆で考えました。「ペット葬儀」「特殊清掃」「焼き肉店経営」と考えた末「世のため人の為になるなら、やりましょう!」と社員が背中を押してくれました。

北洋銀行さんや建築会社さん、相談窓口や施設の経営をしている方、たくさんの方に教えて頂きながら、準備をはじめています。
軌道に乗ったら、就労支援のカフェも出来るようにしてます。私はお料理が大好きなので、利用者さんに美味しい食事を作りたいな~と思っています。

今は、産みの苦しみを楽しみたい気持ちです。
どうぞ、ご支援ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

写真は、娘と孫に作ったお弁当です。


3月27日は祈りの日

2022-03-27
今日3月27日は「祈りの日」てご存じでしたか?
2017年11月20日、一般社団法人日本記念日協会により、3月27日は祈りの日として登録されました。「祈りの日」の由来は685年3月27日の天武天皇の詔(みことのり)によるもので、日本書紀に次のようにあります。「諸國毎家作佛舎、及置佛像及經、以禮拝供養】(対訳:諸国の家毎に仏舎を作り、すなわち仏像と経とを置きて礼拝供養せよ)
※一般社団法人PRAY fou (ONE)小さな祈りのプロジェクトから抜粋
宗教用具を通じて「祈り」の文化を幅広い世代に広げていくことが目的です。佛舎というのは仏壇の事で、これが仏壇の始まりでもあります。(庶民の家に仏壇が置かれるようになったのは、江戸時代からだそうです)

本来、家族の為友人の為祈る日なのでしょうが、今一番に祈りたいのは戦争のない平和な世界でありますように!です。
ロシアによるウクライナ侵攻は1ヶ月を超えました。子供を含む罪のない民間人がミサイル攻撃で命を落としています。
日ソ不可侵条約を一方的に破棄して戦後のどさくさに紛れて北方領土を奪いシベリア抑留を行ったこの国を良く思うことはできません。
一日も早く停戦を迎えますように、祈りたいと思います。


株式会社第一葬祭
〒003-0837
北海道札幌市白石区
北郷7条4丁目6-13
TEL.011-872-3284
FAX.011-875-0424

1.葬儀全般
2.法要
3.仏壇、仏具、神棚、神具
4.慶弔生花
5.念珠
1
0
7
9
4
7
TOPへ戻る