本文へ移動

栗原社長のブログ

facebook

栗原眞由美 facebook

http://www.facebook.com/#!/mayumi.kurihara.165
 

栗原社長のブログ(画像はクリックすると拡大します)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

巣籠生活も楽し

2020-04-25
私が第一葬祭に入社する前から経営している居酒屋「花まる」とうとう今月の21日からコロナ休業にしました。忙しい店なので、どうしても3密になりがちだからです。仕事終えたら店に顔を出すという私のルーチン業務もなくなり、28年ぶりの静かな夜を過ごさせていただいてます。
 
第一葬祭はどんなことがあろうとも休業出来る業種ではないので、毎日お仕事しています。
でも、この時期本来なら総会、総会で大忙しの筈ですが、コロナの影響ですべて中止もしくは延期。営業活動しようにも、コロナが蔓延しているので、不用意に出かけるとひんしゅくです。普段できないデスクや在庫、頭の整理をしてます。そうすると、いままで見えてなかった所が見えてきてこれは、これで有難いと思います。お金もあまり使わないので猫カフェとか、医療従事者にお弁当を無料で配るというプロジェクトに寄付しています。
 
自宅も1日1個必ず捨てるという断捨離をやっています。こういう時間を与えてくれたという点ではコロナに感謝です。月1で皆で宅飲みする「まゆみ会」もどうしようか思案中です。志村けんに続き、岡江久美子の訃報を聞いた時、初めてコロナは怖いなと悲しみと同時に恐怖も感じたからです。
今までは寝に帰っていた自宅ですが、3匹飼っている猫が日頃どんな悪さをしているのか良く観察できて、その可愛さに目を細めています。
 
毎日暗いニュースばかり飛び込んできますが、煽られることなく冷静に対処していかなければと思います。皆様ももう少しの辛抱です、頑張りましょう!

春の訪れ

2020-04-04
我が家の庭にたくさんのフキノトウがなってます。昨日はたくさん摘んでふきのとう味噌を作りました。
冬眠から目覚めた熊は、一番にふきのとうを食べます。身体の中の毒素を出す力があるそうです。コロナの毒までは無理でしょうか?
 
3日国内のコロナ感染数が1日300人を超しました。国内感染者3129人、ただただ毎日の数字の更新に呆然としてしまいます。
世界の死者数は5.7万人(4日の4:00)だそうです。
最初はコロナに負けるもんか!仲間を応援しよう、小さく経済回そうと頑張って夜の店に繰り出していました。
でも、ここまで感染者が増えると、知らずに他人にうつすリスクも視野に入れて行動しなければなりませんね。
 
とはいえ、今日も午後から予定がぎっしり。人に会わなければ仕事になりません。社長業は究極の営業マンですから。
昨日は集客コンサルタントの高橋洋介さんとセッションしました。だいたいは、自分の経営に対する思いの再確認。でも、さすがプロのアドバイザー、色んな気づきがありました。会社をこう持っていきたいと話しながら考えがまとまるという貴重な体験をしました。
 
今日のお昼は友人がデジタル支援ランチしてくれます。お互い忙しい身ですが、時間が合う時色々教えてくれます。感謝です。
コロナで縮こまってもいられません、うがい手洗いマスク完備で頑張ります!
 
 

パンデミック

2020-03-13
とうとう、11日WHOのテドロス事務局長は、新型コロナウイルスの大流行はパンデミックにあたると宣言しました。春の高校野球も中止は史上初という事です。それだけでも経済損失は289億円だそうです。長引けば日本全体で16兆円損失とも試算されているそうで、もう想像を超える経済的打撃ですね。
 
葬儀もコロナ感染を恐れ、会葬者を呼ばず家族だけで送るという方が増えております。
飲食店や観光ホテルは、閉店を余儀なくされている所が出てきています。
先日、友人達とすすきのの仲間の店回りましたが、本当に閑散としていました。「こういうときこそ、仲間で助け合わなきゃね!」と楽しく飲んだのですが、
あとである方に「ふわふわ、出て歩くのは辞めなさい。立場を考えて」と叱られました。(写真はそのときの刺し盛です)
 
私は飲食店も経営しているので、過度の自粛ムードはいかがなものか?と愚行しますが。皆さんはどうお考えになりますか?
小学生・中学生の孫たちが卒業ですが、父母も在校生もなく、2クラスずつ行うそうです。残念ですが仕方ありません。
 
学校が休みでも、だからこそ取り組める事もあるでしょう。
元気な私たちは、必要以上に閉じこもらずうがい手洗い消毒心がけて、今だから出来ることを前向きに捉えて、経済活動をして行けたらよいなと思います。
早く終息しますように。祈

新型コロナウィルスについて

2020-02-24
顔の半分を隠すマスク着用は、ビジネスシーンでは失礼という認識がありました。
でも、新型コロナウイルスがこれだけ猛威を振るっている中、感染を防ぐためもありますし、万が一感染していたらうつさないためにも、当社はマスク着用を決めました。
私の加入しているある会の相談役に感染が発覚し、各地の役員会に出席していたため彼は実名で発表しました。毎週開催されていたセミナーはすべて中止になりました。私も役員さんとは多少の接触ありましたが、濃厚接触まではいってないと思います。
北海道は、インバウンドも沢山来ているので感染者も26人となりました。小学生の男の子二人も感染していますし、20代の女性が重篤な病状だそうで、本当に心配です。
世界に目を向けると死者は1700人規模、感染が確認されたのは25か国70,000人に達しました。
5か月後に迫った2020年東京オリンピック・パラリンピックもどう影響していくのか。早く収束してほしいと願うばかりです。
 
私どもの仕事も、コロナウィルスでお亡くなりになった方を、どう運んだら良いのか厚生省に問い合わせていますが、いまだ回答が得られておりません。大切な社員の命もかかってくることです。現時点では受けないという会社もあります。

苦難は幸福の門

2020-02-12
皆様こんにちは!いかがお過ごしですか?私は心穏やかではいられないことが続きました。
 
一つには1月29日に母が倒れた事です。今年米寿を迎える母は、元気で病気一つしたことありませんでした。
29日は父の月命日で、お寺さんから「お参りに行ったけど、新聞郵便受けにあるし、何度コールしてもお母さん出てこないけど、何かあったのかい?」と会社に電話が入ったのでした。慌てて様子を見に行くと、台所で倒れている母を発見。直ちに救急車で運びました。
 
軽い脳梗塞でした。意識ははっきりしていて「一度救急車に乗ってみたかった」というほどの余裕でした。
でも、11時間ほど床に倒れていて床暖で腕と足が低温やけどしていて本当にかわいそうでした。
妹夫婦と二世帯で暮らしてましたが、その日に限って妹も階下に降りず出かけていたようです。
 
もう一つが、7日の朝長女がパートで働いてる製麵所で機械に巻き込まれて大怪我をしたのでした。骨がむき出しになる程の複雑骨折と血管も切れていたようで、5時間に及ぶ大手術でした。幸い神経が切れていなかったようで、リハビリーに励めば動かせるようになるとの事。
いつもは亭主関白の婿が本当に献身的に、娘や孫の世話をしてくれてます。私も時間をやりくりして、出来る限り顔出したり、孫たちにおかず作って持たせたりしています。
 
平凡な日常が、スパッと切り取られる経験でした。世の中にはもっともっと大変な経験をしている方が、沢山いると思います。
びっくりしましたが、母も娘も命があって本当に感謝です。
 
普段は忙しさにかまけて、母の事を考えたこともありませんでしたが、これからは介護生活がはじまります。
私達3姉妹で協力しあっていかなければなりません。
 
娘も完治するには、まだまだかかるでしょう。こういう時にいかに力を合わせられるかが苦難は幸福の門なのかな?と思います。
(痛い思いをしている娘には言えませんが)
 
 
株式会社第一葬祭
〒003-0837
北海道札幌市白石区
北郷7条4丁目6-13
TEL.011-872-3284
FAX.011-875-0424

1.葬儀全般
2.法要
3.仏壇、仏具、神棚、神具
4.慶弔生花
5.念珠
0
1
7
8
4
7
TOPへ戻る