本文へ移動

葬儀トリビア

喪主と施主の違いは?

 
葬儀のマナー本を開くと、喪主は遺族の代表として式を執り行う人、施主はお布施をする主という意味でお金を負担する人と書いてあります。
ですから、長男が式を仕切りお母様がお金を出す場合、長男が喪主お母様が施主となります。でも、札幌ではこういうパターンはみかけません。
配偶者が喪主、長男長女(長女のご主人という場合もあります)が施主ということが多いです。
家族葬が主流の時代ですから施主を立てないという場合がほとんどです。
喪主さまは
①故人の配偶者
②長男
③次男以降の直系の男子
④長女
⑤次女以降の直系の女子という順番になっています。男尊女卑というか男性を重んじる傾向にありますね。目くじらを立てずにしきたりに従いましょう。
焼香順も直系男子優先、嫁に行った娘は後ろの順番に回ります(最近は焼香順位の読み上げもほとんどありませんが)
 
さて、喪主さまの仕事としては、依頼する葬儀社の決定から寺院への連絡、葬儀の色々な取り決め、会葬者への挨拶、寺院等へのお礼等々多岐に渡ります。
葬儀を執り行う様々な負担が喪主さまにかかるので喪主さまがご高齢の場合、長男が施主という形で、葬儀を補佐する場合が多いですね。
喪主と施主には明確な決まりは無いと言ってもよいと思います。
また、喪主は一人ですが施主は何人か立てることも出来ます。
施主が友人知人でも、弔電は喪主様宛に出します。
喪主様の代わりに施主様が挨拶を行うことも多いと思いますが、「代読」という言い方は、会葬者に失礼なので遺族の代表として挨拶をしましょう。

お焼香の作法

 
  
 
お焼香を葬儀や法事でするとき、何回するのか?迷うことはありませんか?前の人に従って行っているけど、はたしてそれでよいのかしら?
 
自分の宗派と違う宗派だけど、どちらの宗派でお焼香をすればよいのか?正解は、どちらの作法でもよいのです。
キリスト教徒の方は心を込めてお祈りはしますがお焼香はしません。
それでも良いのです。
 
ですが、可能であれば亡くなった方の宗派に合わせる方が良いように思います。宗派によっては司会の方から焼香の仕方の説明がある場合のあります。
 
浄土真宗 焼香
     本願寺派 おしいだかず、1回
     大谷派  おしいだかず、2回
     線香
     1本煙の出ている方を左に寝かせる 
 
浄土宗  焼香   特に決まりは無い
     線香   1本立てる
 
真言宗  焼香   おしいただき、3回行う。
     線香   原則は、3本。正三角形に立てる。
 
日蓮宗  焼香   特にきまりはないが、3回が多い
     線香   1本立てる
 
日蓮正宗 焼香   1回はおしいただき、2回目はそのまま落とす。
 
曹洞宗  焼香   回数や作法の定めはない。
     線香   3本手前に1本奥に2本。逆三角形に立てる。
 
地方の慣習やお寺によっても、違いはあるかもしれません。絶対にこれが正しい、というものはないようです。
式の進行上「お焼香は、1回で」という場合は、それに従いましょう。
 
線香は、日常のお参りをするときに用いられます。ろうそくの火をお線香につけて、左手で仰ぐか、軽く振って火を消します。息で吹きかけてはいけません。

神道の葬儀

 
神道・神式の葬儀の割合は全体の葬儀の2.3%です。昔は半々くらいだったそうですが、江戸時代に幕府によって実施された寺請制度の影響で仏式が増えたと考えられます。日本は、ほとんどが仏式で葬儀を行いますので、神道の葬儀がいまいちわからない方が多いと思います。簡単に神道の葬儀の流れをお説明し、神道のお葬式に参列しても戸惑わないようになっていただけたらと思います。信仰する神社によって葬儀の仕方も変わりますので、ご了承ください。
 
神道は、経典や具体的な教えはなく、開祖もおらず、神話・八百万の神、自然や自然現象に基づく多神教です。自然と神とは一体として認識されます。
神と人間を結ぶ具体的な作法が祭祀でありその祭祀を行う場所が聖域とされている神社であります。神式では、死は穢れと考えるため神社で葬儀は行いません。境内にお墓もありません。
 
数珠を持って行ったり、仏教用語(冥福・供養・往生など)を使ってはいけません。ご愁傷様も使わないようにしましょう。
香典は御玉串料もしくは御榊料と書きます。ご霊前はどの宗派でも使えます。
 
神式では、人は死ぬとその霊は産土神(氏神)の森に行くと考えられていました。お亡くなりになると、その家ではすぐに神棚を閉じて、白紙を貼ります。
祖霊舎(仏教の仏壇に当たるもの御霊舎や神徒壇ともいわれる)に亡くなったことを報告してから葬儀の準備をします。
死亡届、埋葬・火葬などの手続きは他の葬儀と同じです。「枕直しの儀」といってご遺体をお部屋へ移します。北の方向へ頭を向けて、枕元には守り刀を置きます。(女性の場合は鏡にすることが多いようです)最近はこの習慣もなくなりつつあるようです。蝋燭を2本立てて、水、塩、ごはん(もしくは洗米)をお供えします。
 
通夜祭・遷霊祭、斎主一拝、修祓、(参列者一同は深く礼をして受けます。一拝も斎主に習います)献饌、斎主が祝詞を奏上した後、玉串奉奠を行います。
祝詞奏上は仏式の読経にあたり玉串奉奠は焼香にあたると考えてよいでしょう。玉串とは、榊の枝に神片を下げたもので神の霊が宿るものです。右手は根元を上から包むように持ち左手は枝先を下から添えるように持ちます。そのまま、玉串案の前まで進み一礼をします。右手の根元を祭壇に向くよう時計回りで半回転させ、玉串案に置きます。二礼二拍手一礼をしますが、この時柏手は音を立ててはいけません。忍手といい音を立てずにするしきたりです。
それから、一番大切な儀、みたまうつしの儀をします。この時、夜を象徴するため場内を暗くします。故人は神様となり、家の守り神となったと同時に埋葬・火葬できる亡骸になって事を意味します。
 
葬場祭、仏式の告別式にあたり、最後のお別れとなります。斎主が修祓ですべてのものを祓い清めます。一同は深く礼をして受けます。斎主一拝も、一同これに習います。その後斎員が奉幣・献饌をします。斎主祭詞奏上、遺族・参列者が玉串を奉奠します。
 
忌明け、火葬終了後家または斎場に着いたら、手水・塩などで清めてから入ります。仏式の後飾りにあたる仮霊舎を設置します。火葬当日には帰化祭を行い、翌日祭も行います。その後、十日ごとに祭りをして、五十日祭を終えると忌明けになります。神棚の白紙を取り、御霊璽を祖霊舎に合祀します。
 
納骨仏式では忌明けの四十九日後の法要を終えてからの納骨が一般的ですが、神道の納骨は本来、骨上げ当日に納骨を行います。お墓のない人などでは五十日祭(五十日祭で納骨するのが一般的です)一年祭などの霊祭時に納骨をしても良いでしょう。
 
 

家紋の話

 
 
皆さん、ご自分の家の家紋でご存じですか?
葬儀では、家紋を会葬礼状や遺影写真に使います。
 
喪主さまに、お尋ねしてもすぐに家紋の言える方は2割もいないように思います。皆さん本家に連絡してみたり、紋付き出してきたり、中にはお墓まで見に行って下さる方もいらっしゃいました。核家族になり久しくなりました、家紋を使わない葬儀社も出てきて、家紋が日本人から忘れされれてしまうのでは?と危惧を覚えます。日本独特の文化である家紋、家紋帳を眺めてみると、その美しいデザインに見とれてしまいます。
余談ですが、ルイヴィトンのマークや商標は、1867年のパリ万博に出展された日本の「家紋入りの品」からヒントを貰って作ったそうです。
 
2018年の調べでは、優に2万以上の家紋があるとされています。歴史は平安の頃、公家が自分の所の牛車を他の牛車と区別させるために付けたのが始まりと言われています。その後鎌倉時代から室町時代に、武家が戦の時に個人を見分けたり一族を識別しやすいように旗印として使うようになりました。
江戸時代に商人や庶民にも広がったようです。
 
有名な家紋は、水戸黄門のラスト15分に登場する徳川葵の紋所。パスポートにも日本の国章十六八重表菊が付いています。これは天皇家の紋ですね。
商品にも、結構ついてます。龍角散には下り藤、キッコーマンも香取神社の紋だそうです。札幌の人にはなじみ深いトモエ醤油、日本航空の鶴丸、警察のマー
ク旭光も家紋がもとになっているそうです。
 
うちの家紋はこれです、と提示された家紋。家紋帳に見当たりません。「この家紋は、私がデザインしました!」会葬礼状、作るのに苦労しましたが自分で作っても構いません。是非、子孫に残してみてはいかがでしょう?
現代紋として、最近ツイッターでもにぎわっているそうです。
 
弊社のエンディングノートには、家紋を書くページございます。是非ルーツを知る第一歩として、家の家紋を調べて入れてください。

死後離婚のついて

最近よく耳にする死後離婚。ちょっとドキッとする言葉ですね。正式には「姻族関係終了届」を役所に出すことによって姻族との縁を切ることを言います。
通常の離婚の場合は双方の合意が必要ですが、死後離婚は配偶者は亡くなっているので、生存する妻、もしくは夫が一方的に出すことが出来ます。
手続きはいたって簡単です。もちろん本人以外、他の姻族が出すことは出来ません。
姻族関係終了届けを提出すると、夫の親、兄弟、甥や姪等の「姻族」関係が法的に消滅します。
 
本人と夫や子供の関係は「血族」に当たるのでそのままです。戸籍に影響はありません。相続した財産を返還する必要もなく、年金の受給資格は継続します。姻族関係に連絡がいくこともありません。知らない間に縁を切られていた、ということもあるわけですね。
 
結婚前の姓に戻したいときは、別途「復氏届」を提出する必要があります。
 
「これで、夫の親の介護から解放される」と近年倍増しているそうです。ただし、お子さんは血族なので、お子さんには扶養の義務は残ります。
 
愛する息子をなくし、頼りの嫁から死後離婚されたという不幸がおきないように良好な関係を築いておきたいものです。
 

トラブルもあります。形見分けについて。

 
 
葬儀を終えても、色々手続きが忙しいですね。
 
一息つく頃、考えなければいけないのが形見分けです。一般的には四十九日法要などと合わせて行うことが多いようですが、特に決まりがあるわけではありません。形見分けのトラブルでは、家族に中で形見と称して勝手に宝石類を持って行った。故人との関係のわからない人から生前の約束と高価な形見分けを請求された。骨とう品など価値のわからない親族が勝手に廃棄処分してしまった、等々あります。
 
高価なものには贈与税がかかる場合もあります。相続人が複数いる場合には、高価な形見は遺産の一部とみなされます。
トラブルを防ぐために、前もって「不用品として廃棄処分するもの」「相続人に分配するもの」「形見分けの品物」等に分けておくことです。
 
※兄弟姉妹偏らないように大体同じように分ける
※人が受け取ったものを欲しがらない
 
さて、形見分けを頂く場合は、故人を偲ぶという意味で素直な気持ちで受け取るというのが基本です。
高価すぎるものや貰うことによって、故人を亡くした辛さがつのるような場合は、遺族を傷つけないように注意して辞退することも出来ます。
 
お返しはいりません。「あの方の愛用されていたお品物ありがたくお受けいたします」などとお礼の言葉を申し上げましょう。
 
差し上げる場合は、包装はいりません。着物や毛皮など頂いても困る場合もあります。バックや小物入れにリフォームして差し上げることもできます。
 
 
 
株式会社第一葬祭
〒003-0837
北海道札幌市白石区
北郷7条4丁目6-13
TEL.011-872-3284
FAX.011-875-0424

1.葬儀全般
2.法要
3.仏壇、仏具、神棚、神具
4.慶弔生花
5.念珠
0
0
5
5
3
9
TOPへ戻る