本文へ移動

栗原社長のブログ

facebook

栗原眞由美 facebook

http://www.facebook.com/#!/mayumi.kurihara.165
 

栗原社長のブログ(画像はクリックすると拡大します)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

 友達広場は3色パステルアート開催しました。

2018-07-25

父同士が友達という縁もあり、今回はインストラクター小林知香子先生による「三色パステルアート」体験を開催しました。脳科学と心理学をベースに開発された独自の技法で、パステル画を描きます。
いろんな良い作用があるというこのパステルアート、是非、母に体験して貰いたいなと思いました。
うちの娘に連れてきてもらうよう頼みましたら、私の孫も来て母・私・娘・孫の親子4代で体験しました。他にも絵の好きな方が集まって下さり7人の参加でした。

元気いっぱいの知香子先生、普段はしんみりしているはずのアイリスホールに高らかな笑い声が響きました。はがきとうちわに絵を描きました。絵心ないという方が面白い絵を描いたり、同じものを同じ材料で描いているはずなのに、皆全然違うね。と、びっくりしたり。あっという間の2時間でした。

とても楽しかった。また、開催したいですね。100円ショップの材料で出来るので、私の趣味にしようかな?孫の友夏が10歳の誕生日だというと先生がささっと手書きでうちわプレゼントしてくださいました。
心配りがうれしかったです。

ありがとうございました。


初のカラオケ教室

2018-07-08
今日の札幌は良いお天気に恵まれました。
アイリスホールは法事が執り行われておりますが、お隣からはバーベキュのよい香りが。。。

でも、西日本では恐ろしい集中豪雨で死者65人、避難指示・勧告は430万人に出ているそうです。
早く雨が止まりますように、祈ることしか出来ません。

ごく最近、私としては考えられない行動をしました。「カラオケサークル」に入会したのです。
課題曲は冬酒場北野まち子さんという方の曲です。聞いたことも見たこともありません。

昔から演歌は嫌いで、歌ったことも一度もないのです。

お友達がそこの会長をしていて、だれか習う人いないかしら?と頼まれていたので、あちこちのカラオケ大会に参加しても優勝したことないとぼやいている友人を紹介したのです。

当日、その友人は仕事でこれなくなり、なぜかあれよあれよという間に皆に紹介され入会する羽目になりました(笑)音痴な私がカラオケ教室!恥ずかしくて人には言えません。

今、運転中の車の中には大音量でド演歌が。。。

だれか、私の代わりに習ってくれる方いませんか?

山菜取りが好きな理由?

2018-05-27
皆様こんにちは、先週もめちゃ忙しい毎日でした。会合は月から土曜日まで毎日。
総会の挨拶要員、蔀白石区長には3日続けてお会いしました。

月曜日は岩内に行ってましたが、火曜日は朝5時に起きておにぎり4つ作って竹の子取りに行ってきました。朝の清々しい空気をいっぱい感じながら笹をかき分け山に入ります。

正直、わらびやタラの芽やフキなどと違い、この竹の子狩りは結構ハードです。私はタオルでほっかむりします。地面に這いつくばるようにすると竹の子を見つけやすいです。熊さんと会いたくないのであまり
山奥には行かず音楽をガンガンかけて、聞こえる範囲で採ります。

美しい野鳥のさえずり、仲間とのたわいない冗談。瑞々しい山菜。

ああ、私ははるか昔にもこうして野草を採っていたんだ。
なぜか、そんなノスタルジックな感情にとらわれます。
縄文人の血が脈々と流れているのだなと確信するのでした。

竹の子ご飯、竹の子焼き、煮物お料理も楽しい私の趣味です。

葬儀は、生き方が反映されるもの

2018-04-15
「親父が亡くなった。生前、栗原さんとよくお酒飲んでたようだから、送ってやってくれ。親父も喜ぶと思う。」と、お電話いただきました。

人なつこい顔が浮かびます。

彼は、眠るようにご自宅でお亡くなりになりました。
行年88歳、白石の地元の会でご一緒させていただきました。
お通夜の葬儀委員長のお話で、仕事一筋な方と知りました。
一代で会社の基礎をお作りになり息子たちに後を任せ、悠々自適な生活をしていたそうです。

その時に私たちのパカサ会(パーク・カラオケ・酒の会)や白商会にお入りになったのですね。
一つも偉ぶらず、先に同じ苗字の方がいらしたので○○Aさん○○BさんのBさんと呼ばれ、いつもニコニコしていました。

「眞由美さんのお話は主人からよく聞いてましたよ」と奥様。ご夫婦仲良かったのが偲ばれます。
打合せ中、家族に大切にされていたのもよくわかりました。

立派な祭壇に真ん中で、凛々しいお顔を向けているBさんには、私たちに見せるのと別の仕事の鬼の顔があったのですね。

息子さん達が立派に後を継いでらっしゃるので、本当にたくさんの花と参列者の立派な式でした。
葬儀って、生き方が反映されるものだなと思いました。

春に想う。

2018-04-07
皆様、こんにちは!

昨日の出棺の時は、なごり雪が。
まるで、桜の花びらのような風情で舞い落ちていました。

まだ、ストーブをつけ冬のコートを纏っていますが、でも季節は春です。
先日、ふきのとうを沢山いただきました。天ぷらとフキノトウ味噌にしました。

ふきのとうの、きみどり色。子供の頃大切に使ってたサクラクレパスのきみどりと同じ色。
この色を食す時、ああ、春が来たな~と実感します。

私には、いつもの春。
ご主人を亡くされたの奥様にとっては、とてもお辛い春となってしまいました。

いつもの春ではなくて、尊い有難い春なのですね。

感謝を胸に、今出来ることを精一杯やっていこうと思います。
株式会社第一葬祭
〒003-0837
北海道札幌市白石区
北郷7条4丁目6-13
TEL.011-872-3284
FAX.011-875-0424

1.葬儀全般
2.法要
3.仏壇、仏具、神棚、神具
4.慶弔生花
5.念珠
0
3
5
2
6
5
TOPへ戻る